緊張しない風俗の遊び方/みんなの風俗体験日記

風俗で緊張してしまう理由とその対策をまとめました。

みんなの風俗体験日記 サイトマップ

緊張しない風俗の遊び方

風俗で遊ぶときに緊張してしまうという人は多いです。特に初めての人や初心者の人は緊張のタネがたくさんあると思います。そこで少しでも緊張をほぐして楽しく遊んでもらうために、緊張の原因を追及して対策を練ってみました。

受付から待合室への流れ

店舗型風俗店の場合、まず受付で男性従業員からシステムの説明を受けて料金を支払います。そのあとすぐにプレイをする部屋に入れればいいのですが、大抵は他のお客と同じ待合室で時間まで待つことになります。

初心者の人はここまでの男同士の時間というのがやけに緊張するようです。
初心者だということがバレて内心馬鹿にされてるんじゃないか、などと考えてしまうんですね。しかし従業員も他のお客も、慣れてない人のことを馬鹿になんてしていないので安心してください。逆に受付でサラッと「(この店は)初めてです」と言ったほうが清々しいし丁寧に説明をしてくれることでしょう。

待合室ではマンガを読んだりテレビを観たりして、他人を気にせず好きなように過ごせばいいのです。その店に行ったことがある友人や先輩と一緒に行くのもいいですね。

風俗嬢との会話

風俗嬢とご対面したときに何て言おう、とかプレイが始まるまでのスキマ時間に何を喋ろう、とか風俗嬢との会話を考えて緊張してしまうケースです。
服を脱いでいるときやシャワーのときなど、会話をしなければ意外とシーンとすることがあります。もちろんプレイをすすめるにあたって最低限必要なことは風俗嬢のほうから切り出してきますが、それだけだとなんとも事務的ですね。

そんな時は相手の風俗嬢のことを褒めたり、店のシステムについて質問したりすると自然な会話になります。可愛いね、胸がきれいだね、この店は何時から開いてるの?、こんなコースがあるみたいだけどどんな感じ?などです。スポーツや趣味の話を唐突にするよりも、自分に関連があるので風俗嬢も答えやすく、誰にでも有効です。

風俗の流れ・専門用語が分からない

予約からお別れまでどんなふうに進んでいくのか把握できていないというのが、初心者が一番緊張する原因ではないでしょうか。次は何をしたらいいかを常に考えてドキドキしてしまうのです。

これには予習をするしかありません。いろいろな店のHPやネットの体験談などを見て、だいたいの流れを予め知っておくことで大分緊張はなくなると思います。このときに風俗ならではの専門用語もついでに覚えてしまいましょう。専門用語は知らなくても恥ずかしいことではありませんが、知っていればプレイがより楽しめて一石二鳥です。

テクニックは大丈夫か

プレイ時間が始まったら風俗嬢の身体を触ったり舐めたりできます。普段女の子とそのような機会がなかなかない人にはとても嬉しいですね。しかし嬉しい反面、自分が女の子を本当に感じさせることができるのか心配なはずです。AVで観たあんな触り方や舐め方をしてみたいと思っていても、それが自分にできるのか、女の子は演技ではなく本当に感じてくれるのか。そう思って緊張してしまうと思います。

ハッキリ言って風俗嬢は、実際には気持ちよくなくても感じている演技をします。心の中では「ヘタ」「痛い」「全然気持ちよくない」とか思っているかもしれません。悲しいですがこれは男には多分見抜けないので、いっそ最初からテクニックで風俗嬢を気持ちよくさせようと思わないほうが気が楽です。どうしても本気で感じている姿が見たい人は、オプションでアダルトグッズを使ってみるのもいいでしょう。

そもそも風俗嬢は自分が感じることよりもお客に気持ちよくなってもらうことが大事でありお仕事なのです。よっぽど痛いことや体が傷つくことをされなければ、お客のテクニックなんてたいして気にしていません