風俗でよくあるトラブルと対策/みんなの風俗体験日記

風俗では様々なトラブルが発生します。どんなトラブルがあるか、その対処法について紹介していきます。

みんなの風俗体験日記 サイトマップ

最強!デリヘル呼び方マニュアル

風俗でよくあるトラブルと対策

風俗ではさまざまなトラブルが起きる可能性があります。具体的にどのようなトラブルがあり、どのように対応したらいいのか解説しましょう。

盗撮・盗聴を疑われる

風俗店では盗撮・盗聴行為を警戒しています。盗撮や盗聴が発覚すればすぐに警察に通報されて取り調べを受けることになるでしょう。示談で解決するケースが多いのですが、数十万円といった高額のお金を支払うことになります

ただし、盗撮や盗聴をするつもりがなくても疑われるケースもあるため注意しましょう。たとえば、ベッドのそばにスマホが置いてあり、スマホに着信などがあって光ったのを見て盗撮を疑われるケースがあります。この場合は中身を確認させて盗撮・盗聴していないことを証明する必要があるのですが、スマホを見られるのが嫌で拒否したくなる人もいるでしょう。そこで、言い争いに発展して警察を呼ばれてしまうケースもあるため、疑われた場合は素直に身の潔白を証明することをおすすめします。

また、自宅にデリヘル嬢を呼ぶケースで、たまたま部屋の中に小型のカメラが搭載されている物が置いてあるケースもあります。それをデリヘル嬢に見つけられてしまい、盗撮を疑われるケースもあるでしょう。この場合もデータを確認してもらい盗撮していないと証明する必要があります。

いずれにしても、女性やお店のスタッフが納得してもらえない場合は警察に通報されて詳しく調べられる可能性があります。たとえ警察の調べで疑いが晴れたとしても、そもそも警察沙汰になるのは避けたいものです。

そのため風俗を利用する場合は、そもそも撮影や録音できるような機能のあるものはすべてカバンの中などにきちんとしまうことをおすすめします。そうすれば余計な疑いをかけられるのを避けられるからです。

本番行為をする

風俗を利用している中、興奮がエスカレートした末に本番行為を強要するお客さんの話は後を絶ちません。もししてしまったらどうなるかというと、例えば本番行為を求めるだけでも出禁にされる可能性があります。そして、無理やり本番行為を強要して実際にやってしまった場合は、警察に通報されるでしょう。相手が嫌がっているのに無理やり本番をした場合は、強姦とみなされるからです。

また、風俗嬢から本番行為を誘ってくるケースもありますが、うっかりその誘いに乗って本番行為を行ってしまえば、後でトラブルになるケースもあるため注意しましょう。尚、どれだけ客側が「向こうから誘ってきた」と主張しても、ここで信用されるのは風俗嬢側の発言。風俗嬢があなたに無理やり襲われたと嘘をつく可能性もあり、美人局のように風俗店から脅迫を受けるケースもあるのです。

とはいえ、風俗嬢が嫌がっていなかった場合でも本番行為が許されるわけではありません。風俗嬢は怖くて断れなかっただけかもしれませんから。風俗嬢が本番を強要されたと主張すれば、反論するのが難しくなります。

当たり前ですが、どのような場合でもソープランド以外の風俗店で本番行為をするのは禁止です。ネット上で特定の風俗店・風俗嬢と本番ができたという情報を入手できるケースもあるのですがトラブルのリスクがあるため、信じるべきではありません

パネマジに騙される

風俗店のパネマジに騙されるケースはよくあります。パネマジとは風俗嬢の写真と実物が大きく異なることで、軽く修正しているだけのケースからまったく別人が出てくるケースまで様々。最近は画像を容易に修正できるようになったため、加工が自然でパネマジかどうか見分けられないケースが多いです。パネマジに引っかかると、騙された!と、感じて怒りを覚える人も沢山いるでしょう。

ここでパネマジへの対策例を一つ上げるのであれば、それは「チェンジ」です。多くのお店ではチェンジの制度があり、別の女性に替えてもらうことが出来ます。ただし、チェンジは空いている女性に替わるだけであり、基本的に質の低い女性しか残っていないケースが多いです。

気分が萎えてしまって、もういっそキャンセルしてしまおうか、と考える方もいるかもしれませんがお勧めできません。人としてあまり褒められた行為ではありませんし、キャンセルに関した規約はお店にもよりますが、既にお店の受付を済ませている場合は、キャンセルを申し出ても100%のキャンセル料を要求される可能性が高いです。

もしここで揉めたとして、警察に通報しても対処してもらえません。パネマジされた客からしたら詐欺に遭ったような心持ちかもしれませんが、身バレ対策のために加工しているとお店側は主張するため、故意に騙そうとしていたと立証するのは難しいです。

パネマジへの対策としては、できるだけ多くの情報を集めてパネマジを避けることをおすすめします。良心的な風俗店の場合はほとんど加工していない写真を掲載しているお店もあるので根気よく探してみましょう。また、実際にその風俗嬢と遊んだことのある人の情報を集めて、パネマジかどうか見分けることもできます。